menu

活動の軌跡 Activity

TOP > 活動の軌跡
2019.08.02
公明ニュース

新たな力と公約実現へ

臨時国会開幕 公明が両院議員総会 
社会保障 全世代で拡充 
参院28人の陣容「小さな声聴く力」に弾み 
山口代表、斉藤幹事長ら力説

参院選で掲げた公約の実現を誓い合い、新たな陣容で出発した党両院議員総会=1日 国会内

第199臨時国会は1日、召集された。与党が勝利した参院選を受けた国会で、会期は5日までの5日間。公明党は1日昼、国会内で衆参両院議員総会を開き、山口那津男代表、斉藤鉄夫幹事長は、参院選で新人4人を含む14人が当選し、非改選議席を加えた参院公明党が28人の陣容に拡大したことに触れ、「新しい力を生かして、政治の安定の下に公明党の『小さな声を聴く力』を発揮していく」と力説。党員、支持者らへの感謝をいっときも忘れず、参院選で公約として掲げた政策の実現へ果敢に前進しようと訴えた。石田祝稔政務調査会長、西田実仁参院幹事長、高木陽介国会対策委員長もあいさつした。

山口代表は、公約実現に向けた取り組みについて、教育無償化をはじめとする全世代型社会保障を進めていくと強調。そのために必要な10月の消費税率引き上げに関しては、「国民生活や日本経済に与える影響を最小限にとどめて、軽減税率などをしっかり社会に定着させることが重要だ」と訴えた。

消費税率10%への引き上げを踏まえ、先の参院選で掲げた国会議員歳費の10%削減に向けては「特に与党である自民党の理解を得られるよう丁寧に説明し、幅広い合意形成へ努力したい」と力説。また、参院の定数増に伴う国民負担を避けるための参院議員歳費の自主返納では、実施段階に入ったことに触れ、「党所属の参院議員は改選、非改選にかかわらず、全員が自主返納へまとまっていく」と述べた。

日韓関係については、「大きな視点から両国関係を良好にしていくため、特に民間や自治体間での交流実績を築いてきた基盤がいささかも揺らぐことなく継続できるよう、党としても推進していきたい」と力説。大局観に立って、日韓の信頼関係を確立したいと語った。

全国各地で行われる党夏季議員研修会に関しては、「先の参院選で党のネットワークの力が一段と広がった。統一地方選や統一外地方選の当選者も加えて、さらに結束とネットワークの力を深める研修会にしたい」と強調。次の闘いに備え、研さんを重ねて、国民の期待に応えていこうと呼び掛けた。

一方、斉藤幹事長は、今後、公明党が取り組む政策課題として、ハンセン病家族訴訟の判決が確定したことを踏まえ、救済のための立法措置を迅速に行っていくと強調。今後の党勢拡大に向けては、党夏季議員研修会で「統一地方選と参院選を総括し、議員の日常活動の充実について議論していく」と語った。

石田政調会長は、公約実現の取り組みについて、2020年度予算の概算要求に党の主張を反映させると述べ、「与党議員として、現実の政治に責任を持ち、予算を含め政策を遂行していく」と力説した。

参院歳費自主返納 公明の手続き完了

西田参院幹事長は、先の参院選からの定数増に伴う国民負担を避けるため、前通常国会で成立した改正国会議員歳費法を踏まえ、党所属の参院議員全員が8月から歳費の自主返納を実施するための手続きを終えたと報告した。

2019.08.01
公明ニュース

違法薬物に注意しよう!

大学などで呼び掛け 
公明党「危険ドラッグ」規制を推進

一平 夏休み。わくわくするね。

京子 気持ちが高揚するのはいいけど、違法薬物には注意しないとダメよ。

支局長 その通りです。興味本位で一度でも手を出したら、自分の人生ばかりでなく家族の人生も壊してしまいます。

一平 違法薬物にはどんなものがあるのですか。

支局長 覚せい剤、大麻、MDMA、危険ドラッグ、コカイン、ヘロインなどです。興奮したり、幻覚を見たりする作用があります。

京子 何より依存性が強いのよ。一度、薬物依存症になってしまった脳は、元の正常な状態に戻らないといわれているわ。

一平 怖い。違法薬物使用者の実態は?

支局長 政府の調査(2017年)によると、薬物事犯の検挙人員の中で最も割合が高いのが覚せい剤で、全体の約8割に上ります。次いで、大麻、危険ドラッグ、コカイン、MDMAなどと続きます。

京子 特に最近、若者を中心に大麻による検挙者数が増えているの。背景には、国の危険ドラッグ対策が強化されたことで、危険ドラッグから大麻に乗り換えた人が多いことなどが挙げられているわ。

支局長 警察白書では、近年の大麻事犯の特徴として、20歳代以下の若者層の占める割合が高いことが指摘されており、若者への注意喚起が必要です。

一平 大学などでは、夏を中心に、学生生活における違法薬物への注意喚起を行っていると聞いたけど。

京子 そうよ。政府は昨年8月、違法薬物への啓発強化を盛り込んだ新戦略「第五次薬物乱用防止五か年戦略」を策定。これを受け、文部科学省などは、大学生などを対象にした薬物乱用防止のための啓発用パンフレット「薬物のない学生生活のために?薬物の危険は意外なほど身近に迫っています?」を作成し、各大学に活用を呼び掛けているわ。

一平 なるほど。ほかにも、国の取り組みを教えてもらえますか。

支局長 直近では、厚生労働省が、6月20日から7月19日の間で、違法薬物の乱用防止キャンペーンとして「ダメ。ゼッタイ。」普及運動を展開。街中にポスターを張り、国民の薬物問題に対する認識を高め、若者たちが違法薬物に手を染めないよう注意を促しました。

京子 厚労省は、ツイッターやフェイスブックなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用した情報発信や、青少年向けの教材などを作成して、普段から啓発活動を進めているわ。

一平 公明党の取り組みは?

違法薬物検査の実演を視察する党プロジェクトチームのメンバー

京子 薬物対策プロジェクトチーム(PT)や青年委員会を中心に、違法薬物の乱用防止に一貫して取り組んできたわ。

支局長 例えば、党青年委は14年8月、安倍晋三首相に提出した「青年アクションプラン」の中で、危険ドラッグの規制強化などを提言。同11月の薬事法改正で同法が医薬品医療機器法となり、翌15年7月には、それまで215店あった危険ドラッグ販売店舗をゼロにしました。

京子 「第五次薬物乱用防止五か年戦略」の策定に向けても、党PTが、羽田空港内にある東京税関羽田税関支署(東京都大田区)の現場視察などを踏まえ、昨年7月に当時の高木美智代厚生労働副大臣(公明党)へ対策のさらなる強化を要望していたの。

一平 さすがは若者を守る公明党だね。

支局長 法律による取り締まりや規制は大事ですが、何より若者一人一人がまず違法薬物に関わらないようにすることが大切です。そのためには違法薬物について正しい知識を自分自身がしっかりと身に付けることです。

京子 違法薬物には、「近づかない」「買わない」「使わない」「関わらない」こと。先輩や友人から誘われても、きっぱり断ることが大切だわ。

2019.07.31
公明ニュース

災害公営住宅の整備を

地震被害で復興支援要請 
党北海道振興委に知事

鈴木知事(中央左)から要望を受ける党北海道振興委=30日 参院議員会館

公明党北海道開発振興委員会(委員長=横山信一参院議員)は30日、参院議員会館で、北海道の鈴木直道知事から、2020年度の予算などに関する要望を受けた。同委員会顧問の石田祝稔政務調査会長、稲津久党道本部代表(衆院議員)らが同席した。

鈴木知事は、昨年の北海道胆振東部地震からの復旧・復興の加速化に向け、「災害公営住宅の整備促進を」と要請。また、公共インフラの耐震化など自然災害に強い地域づくりへさらなる財政支援を訴えた。地域の医師不足については、道内各地に医師を配置できる仕組みづくりを求めた。

横山委員長は、「災害復興をはじめ地域の課題解決に向け、党を挙げて取り組んでいく」と応じた。

2019.06.30
公明ニュース

世界の対話・協調リード

五輪へ バリアフリーの街づくり 
東京・新宿で山口代表が力説

参院選勝利へ公明党の実績を訴える山口代表(左から2人目)=29日 東京・新宿駅西口

公明党の山口なつお代表(参院選予定候補=東京選挙区)は29日午前、東京都新宿区の新宿駅西口で街頭演説を行い、参院選勝利へ力強い支援を訴えた。

山口代表は、大阪で開催された20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に触れ、自身も28日夜に大阪を訪れ、安倍晋三首相と共に来日した各国首脳らを迎えて「協調をつくり出す実りあるG20に」と呼び掛けたことを報告。国際社会で分断・対立が強まる中で、「多くの国々が集って、対話をする環境を整えるのが今の日本の役割だ。今後も日本が、公明党が対話と協調をリードしていく」と語った。

2020年の東京五輪・パラリンピックに向けては、バリアフリーの街づくりへ鉄道駅のホームドア設置や宿泊施設での電動車いすへの対応を推進するなど「公明党の小さな声を聴く力で着実に進めてきた」と力説した。

また、全国小中学校の耐震化や私立高校授業料の実質無償化などの実績を紹介し、「公明党は生活現場の声を政治のど真ん中に届けるために、これからも闘っていく」と強調した。

街頭演説会には政治評論家の森田実氏も参加し、公明党にエールを送った。

2019.06.27
公明ニュース

乳・子宮がん対策前進

古屋、竹谷両氏が発言 プラごみ削減をリード 
世界の女性政治家サミット

世界約80カ国の女性政治家による「WPL(女性政治指導者)サミット2019」が26日、衆院第1議員会館で開かれ、公明党から古屋範子副代表、竹谷とし子女性局長(参院議員)が出席し、テーマ別の分科会でスピーチした。

発言する古屋副代表=26日 衆院第1議員会館

女性が主導する健康長寿社会をテーマとする分科会で古屋副代表は、公明党が女性特有の乳・子宮がんなどの検診率向上策などを進めてきたと強調し、「女性の健康意識の向上が家族や地域を変え、社会の流れをつくる。今後も女性健康づくりの教育を進める」と力説した。

発言する竹谷さん=26日 衆院第1議員会館

環境と経済をテーマにした分科会で竹谷さんは、海洋プラスチックごみの削減に関して、大手化粧品メーカーが微生物に分解されるプラスチック容器をいち早く導入したと紹介し「生活者目線に近い女性の関心は高い」と強調。プラごみ削減の議論を女性目線でリードしていく考えを示した。

Page Top