menu

活動の軌跡 Activity

TOP > 活動の軌跡 > 2020年
2020.02.11
公明ニュース

地方議員を中心に各地で展開

幅広い分野の人たちと柔軟に
竹谷とし子局長に聞く

公明党女性委員会(委員長=古屋範子副代表)は先月から、ライフスタイルの変化に伴って多様化する女性の声に耳を傾ける運動「ウイメンズトーク」をスタートさせました。その取り組みについて、竹谷とし子女性局長(参院議員)に聞きました。

多様化する課題の解決めざす

竹谷とし子女性局長(参院議員)

――ウイメンズトークの目的は?

竹谷 一つは、近年、「シングルマザー」「老後のおひとりさま」「ダブルケア」「孤立」「がんなどの病気の治療と子育て」「家庭に居場所のない若年女性」など、女性のライフスタイルの変化に伴い、抱える悩みも多様化しています。全ての女性が安心して暮らせるよう課題解決に向け、幅広い分野の人たちから話を聞き、政策立案につなげていきたいと思います。

もう一つは、女性の社会参画を後押しするためです。女性があらゆる分野で活躍できる社会をめざして「女性活躍推進法」の制定や改正が実現しましたが、中小企業などで働く女性に対して十分に支援が行き届いていない実態があります。そこで、働く人たちをはじめ、子育てや介護の両立など、きめ細かく声を聞いていきたいと思います。

――どのように展開していくのでしょうか。

竹谷 公明党には、全国に900人を超す女性議員がおり、生活に密着した女性ならではの視点で政策を推進しています。こうした強みを生かし、ウイメンズトークでは、地方議員を中心に、全国各地で"草の根の対話"を展開してまいります。

具体的には、各都道府県本部の女性局が主催し、可能な範囲で国会議員も参加しながら懇談形式で女性の声に耳を傾けていきます。あるいは近隣の女性議員同士が連携して展開していきます。形式は、一対一でも、グループ単位でも構いません。例えば、視察先や訪問先で、政策的な相談を受け、対話に発展するケースもあると思います。

――形式にこだわらず、柔軟に取り組むということですね。

竹谷 そうです。テーマも、仕事、地域、防災、防犯、健康、教育、子育て、介護、人権、文化、芸術、スポーツ、平和、環境などさまざまです。ボランティアグループといった各種団体と意見交換をしたり、"井戸端会議"のように機会を捉えて話を聞くのも、ウイメンズトークです。

声を取りまとめ提言へ反映

第1回のウイメンズトークでは、働く女性から話を聞いた=1月19日 党本部

――これまでの"草の根の対話"運動との違いは?

竹谷 例えば、私が参加したウイメンズトークでは、参加者から「男性議員には相談できない内容も、女性議員だから気を使わずに相談できる」と言って要望を頂いたことがあります。こうした女性の"生の声"を徹して聞き、政策に結び付けていくのが、ウイメンズトークの最大の特徴です。

――頂いた声をどうするのですか?

竹谷 公明党のネットワークの力で、実現をめざしてまいります。毎月、各都道府県本部の女性局から、ウイメンズトークを通じて寄せられた要望や、実現してほしいことなどを報告してもらい、夏前をめどに党女性委員会として取りまとめたいと思います。

取りまとめたものは、政府の第5次男女共同参画基本計画などに盛り込まれるよう、公明党の政策提言に反映させていきます。

また、SNS(会員制交流サイト)も活用していきます。地方議員には、参加者の個人情報に配慮しながら、ウイメンズトークで寄せられた意見や要望などを積極的に発信してもらい、情報の共有を図ります。

公明党はこれからも、女性目線の政策実現へ全力を挙げてまいります!

2020.02.09
公明ニュース

担当者に守秘義務

公益通報者の「保護」強化せよ 
党消費者対策本部などが提言

伊藤長官(左から2人目)に提言を行う古屋本部長(右隣)ら=7日 消費者庁

公明党消費者問題対策本部(本部長=古屋範子副代表)と内閣部会(部会長=太田昌孝衆院議員)は7日、消費者庁で伊藤明子長官と会い、公益通報者保護制度の見直しに向け、企業や行政機関の通報窓口担当者らに罰則付きの守秘義務を課すことなどを求める衛藤晟一消費者担当相宛ての提言を行った。

提言では、罰則付きの守秘義務の必要性について、通報内容を調査する社員や職員、窓口担当者が秘密を守らなければ、通報者がちゅうちょする可能性があると指摘した。

また、現行法では現役社員のみである公益通報者の範囲について、役員のほか退職後1年以内の人も加えることなどを要請した。

古屋本部長は「通報者がより保護されやすくするために法改正が急務だ」と要請。これに対し伊藤長官は、公明党の提言を基に制度の見直しを検討する考えを示した。

2020.02.04
公明ニュース

微小(マイクロ)プラ汚染 河川でも

党女性委に識者が訴え 山梨でウイメンズトーク

マイクロプラスチックごみに関して意見交換した党女性委の「ウイメンズトーク」=3日 甲府市

命にも関わる環境問題に女性議員が率先して取り組もう!――。公明党の女性委員会(委員長=古屋範子副代表)は3日、甲府市で「ウイメンズトーク」を開き、5ミリ以下のマイクロプラスチックごみを巡り、帝京科学大学の仲山英之教授、認定NPO法人「スペースふう」の永井寛子理事長と意見交換した。

古屋委員長と竹谷とし子女性局長(参院議員)、党山梨県本部女性局(局長=河野木綿子・南アルプス市議)のメンバーが出席した。

仲山教授は、現地調査で採取したマイクロプラスチックごみの数について、東京湾の河口付近で1立方メートル当たり8?47個だった一方で、山梨県内の河川では、最大で同216個に上ったとして「河川でも汚染が進んでいる」と指摘。信頼できるデータの収集へ、国や自治体の調査を求めた。

永井理事長は、容器・包装を使い捨てから再利用可能なものに転換するよう促す同法人の運動を説明し「消費者の意識が変われば事業者側も変わらざるを得なくなる」とし、消費者への働き掛けの重要性を強調した。

古屋委員長は「提案を踏まえ、国と地方のネットワークで取り組みを進めたい」と述べた。

2020.01.23
公明ニュース

環境対策、日本から学ぶ

公明議員と活発に意見交換 
中国・北京の修学旅行生

中国・北京の中高生と懇談する(左から)竹谷、山本(博)、下野の各氏=22日 参院議員会館

公明党の山本博司参院議員は22日、日本の環境対策について学ぶため、中国・北京から修学旅行で訪日している「北京101中学」の中高生たちと参院議員会館で和やかに懇談した。竹谷とし子、下野六太両参院議員が同席した。

冒頭、山本氏は公明党が結党以来、日中友好に尽力していることを力説。「中国から来られた若い、希望のある皆さんとお会いできてうれしい」と語った。竹谷氏は「地球温暖化や気候変動に、世界で手を携えて対処していこう」と呼び掛け、循環型社会に向けた日本の取り組みを紹介した。

会合は、生徒たちからの問いに議員が応じる形で進行。「日本のごみ処理は世界的にも進んでいますが、どんな目的・発想でごみ処理をやっていますか」「環境保護やごみの分別の決まりには、どうやって従ってもらっていますか」といった質問が出た。

2020.01.23
公明ニュース

「子育て」充実で提言へ

住まい確保の支援でも 
党全世代型社会保障本部が方針確認

政府と意見を交わした党全世代型社会保障推進本部=22日 衆院第2議員会館

公明党の全世代型社会保障推進本部(本部長=石田祝稔政務調査会長)は22日、衆院第2議員会館で会合を開き、政府の全世代型社会保障検討会議が夏にもまとめる「最終報告」に向けて、党として政府へ提言を行うこととし、子育て支援などの少子化対策や「住まいと暮らし」分野などを盛り込む方針を確認した。

会合では政府側が、検討会議の「中間報告」(昨年12月)で示した年金、労働、医療などの政策の方向性などを説明。「最終報告」に向けて、2月中旬から検討会議で引き続き審議を進めるとした。

出席議員は、全世代型社会保障の構築への課題として、子育て支援のさらなる拡充とともに、住まいの確保に配慮が必要な低所得の高齢者や障がい者、ひとり親世帯などへの支援充実を提起し、同推進本部で議論していくことを申し合わせた。

Page Top