menu

活動の軌跡 Activity

TOP > 活動の軌跡
2019.06.30
公明ニュース

世界の対話・協調リード

五輪へ バリアフリーの街づくり 
東京・新宿で山口代表が力説

参院選勝利へ公明党の実績を訴える山口代表(左から2人目)=29日 東京・新宿駅西口

公明党の山口なつお代表(参院選予定候補=東京選挙区)は29日午前、東京都新宿区の新宿駅西口で街頭演説を行い、参院選勝利へ力強い支援を訴えた。

山口代表は、大阪で開催された20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に触れ、自身も28日夜に大阪を訪れ、安倍晋三首相と共に来日した各国首脳らを迎えて「協調をつくり出す実りあるG20に」と呼び掛けたことを報告。国際社会で分断・対立が強まる中で、「多くの国々が集って、対話をする環境を整えるのが今の日本の役割だ。今後も日本が、公明党が対話と協調をリードしていく」と語った。

2020年の東京五輪・パラリンピックに向けては、バリアフリーの街づくりへ鉄道駅のホームドア設置や宿泊施設での電動車いすへの対応を推進するなど「公明党の小さな声を聴く力で着実に進めてきた」と力説した。

また、全国小中学校の耐震化や私立高校授業料の実質無償化などの実績を紹介し、「公明党は生活現場の声を政治のど真ん中に届けるために、これからも闘っていく」と強調した。

街頭演説会には政治評論家の森田実氏も参加し、公明党にエールを送った。

2019.06.27
公明ニュース

乳・子宮がん対策前進

古屋、竹谷両氏が発言 プラごみ削減をリード 
世界の女性政治家サミット

世界約80カ国の女性政治家による「WPL(女性政治指導者)サミット2019」が26日、衆院第1議員会館で開かれ、公明党から古屋範子副代表、竹谷とし子女性局長(参院議員)が出席し、テーマ別の分科会でスピーチした。

発言する古屋副代表=26日 衆院第1議員会館

女性が主導する健康長寿社会をテーマとする分科会で古屋副代表は、公明党が女性特有の乳・子宮がんなどの検診率向上策などを進めてきたと強調し、「女性の健康意識の向上が家族や地域を変え、社会の流れをつくる。今後も女性健康づくりの教育を進める」と力説した。

発言する竹谷さん=26日 衆院第1議員会館

環境と経済をテーマにした分科会で竹谷さんは、海洋プラスチックごみの削減に関して、大手化粧品メーカーが微生物に分解されるプラスチック容器をいち早く導入したと紹介し「生活者目線に近い女性の関心は高い」と強調。プラごみ削減の議論を女性目線でリードしていく考えを示した。

2019.06.16
公明ニュース

公明党のホットな実績

公明党が生活者の目線に立って粘り強く推進し、今国会で成立した法律を中心に、最新の実績を紹介します。

教育無償化2法

政府は公明党の長年の主張を反映し、今年10月から幼児教育・保育の無償化、来年4月から所得の低い世帯を対象にした大学・専門学校など高等教育の無償化を開始します。その実施のための法律が5月10日に成立しました。

幼保無償化は、3?5歳児(就学前3年間)は全世帯、0?2歳児は住民税非課税世帯を対象に、認可保育所などの利用料が無料になります。

高等教育無償化は「給付型奨学金」と「授業料減免」を対象者・金額ともに大幅拡充して実施。奨学金は最大年約91万円(私立大の自宅外生)、減免は同約70万円(私立大学)です。公明党の主張で、来年度から新入学生だけでなく在学生も対象になります。

食品ロス削減の推進

食品ロス削減の取り組みを視察する党食品ロス削減推進プロジェクトチーム(PT)のメンバーら=今年2月20日 都内

食べられるのに捨てられる「食品ロス」を減らす、食品ロス削減推進法(議員立法)が5月24日に成立しました。公明党は法案を作成するなど積極的に推進してきました。

日本では、2016年度で643万トンもの大量の食品が廃棄されています。同法では、食品ロスの削減を「国民運動」として取り組むことを明記。政府に基本方針の策定を義務付け、これを踏まえて自治体が削減推進計画を策定、対策を実施します。

家庭や事業者から寄贈された未利用食品を災害被災地などに提供する「フードバンク」の支援なども推進します。

農業用ため池管理保全

ため池の決壊など西日本豪雨の被災地を視察する斉藤鉄夫幹事長(右から2人目)と山本ひろし参院議員(左隣)ら=2018年7月14日 広島・福山市

2018年の西日本豪雨では、農業用ため池の決壊による被害が相次ぎました。こうした被害を防ぐ、農業用ため池管理保全法が4月19日に成立しました。国と自治体、ため池の所有者らの役割を明確化し、ため池の所有者らには都道府県への届け出を義務化。都道府県は、決壊した場合に周辺地域に被害を与える恐れのあるため池を「特定農業用ため池」に指定し、防災工事を所有者らに命令します。

公明党は、西日本豪雨の被災者の声を踏まえ、ため池の決壊防止策への予算措置を政府に求めるとともに、同法の成立を後押ししてきました。

携帯料金引き下げ

公明党の推進で、携帯電話の通信料金引き下げを促す改正電気通信事業法が5月10日に成立。今秋にも施行される見通しです。

改正法では、携帯電話会社に対し、スマートフォンなどの端末代金と毎月支払う通信料を切り分ける「分離プラン」の導入を義務付けます。これにより、利用者は携帯各社の料金プランを簡単に比較できるため、値下げ競争が促されると期待されています。

また、2年や4年といった「長期縛り」と呼ばれる手法で、顧客を囲い込むような契約も禁止。利用者が容易に携帯会社やプランを変更できるように改善されます。

動物虐待罪の罰則強化

動物虐待罪の厳罰化や、犬猫へのマイクロチップ装着の義務化などを盛り込んだ、議員立法による改正動物愛護管理法が今月12日、成立しました。公明党が、動物愛護団体などから要望を聞き、積極的に推進してきた改正法です。

改正法では、虐待罪の罰則を強化。具体的には、殺傷の場合、現行の2年以下の懲役(または罰金200万円以下)から5年以下の懲役(または罰金500万円以下)に引き上げます。一方、繁殖業者に対して、ペットに飼い主情報を記録したマイクロチップの装着を義務付け、飼い主を明示することで、犬猫の遺棄や虐待防止につなげます。

子どもの貧困対策

公明党が推進してきた改正子どもの貧困対策推進法が今月12日に成立しました。改正法は、法の目的や基本理念に子どもの権利の尊重を追加。また、これまで都道府県を対象としていた貧困対策計画策定の努力義務を、新たに市町村にも課します。さらに、国の対策大綱で定める指標として、「ひとり親世帯の貧困率」や「生活保護世帯に属する子どもの大学等進学率」を位置付けています。

改正浄化槽法

トイレの排水だけを処理する「単独処理浄化槽」から、台所や風呂などから出る生活排水も併せて処理できる「合併処理浄化槽」への転換を進める改正浄化槽法(議員立法)が今月12日に成立しました。環境省によると、単独浄化槽は全国の浄化槽の半数に相当する約400万基が残っており、河川汚濁の原因になっています。公明党は長年にわたって合併浄化槽の設置を推進してきました。

棚田地域の振興

山や谷の傾斜地に階段状に造られた水田「棚田」は、農産物供給などの機能を果たしてきましたが、農家の担い手不足や高齢化で耕作放棄や荒廃が進んでいます。公明党の推進で、棚田地域を保全する棚田地域振興法が今月12日に成立しました。同法では、棚田を「貴重な国民的財産」と位置付け、棚田地域の振興を国の責務と明記。政府は振興の基本方針を策定し、実施事業を毎年度公表します。

消費税率引き上げ対策

10月からの消費税率10%への引き上げと同時に、軽減税率が実施されます。政党の中で公明党だけが提案してきた制度で、酒類と外食を除く飲食品などの税率を8%に据え置き、痛税感を和らげます。

購入額より割り増しで買い物ができる「プレミアム付き商品券」も発行。対象は公明党の主張で当初より拡大され、住民税非課税者と、2016年4月2日?19年9月30日生まれの子どもがいる世帯となりました。このほか、キャッシュレス決済時のポイント還元を実施することで、景気・経済の変動を抑制します。

乳児用液体ミルク

開封して哺乳瓶に移し替えるだけですぐに飲める乳児用液体ミルクが、「育児の負担が軽くなる」と子育て世帯を中心に喜ばれています。

公明党は、乳児を抱えた母親の声などを基に、国会質問や政府との意見交換を通じて、早期承認と販売開始を強く主張。こうした後押しにより、今春から国産品の販売が始まりました。売れ行きがメーカーの予測を上回るなど、利用者が広がっています。

また、災害時の備蓄品としても注目を集め、公明党地方議員の推進により各地の自治体で導入が始まっています。

認知症施策の推進

認知症基本法案を了承した党合同会議=今月6日 衆院第2議員会館

2025年には65歳以上の5人に1人が認知症になるとされ、施策の充実は喫緊の課題です。公明党は17年8月に党内に対策推進本部を設置。政府に提言を申し入れるなど、認知症施策の充実に積極的に取り組んできました。

医師らが早期に対応する「認知症初期集中支援チーム」は、ほぼ全市区町村に配置。本人や家族を支える「認知症サポーター」は1000万人を超えています。

また、認知症施策を強化する基本法の早期制定をめざしています。

2019.06.16
公明ニュース

食品ロス削減さらに

かわの氏、竹谷さん 鹿児島のフォーラムで強調

かわの氏(左)勝利へ絶大な支援を呼び掛ける竹谷さん=15日 鹿児島市

公明党のかわの義博参院議員(参院選予定候補=比例区)は15日、鹿児島市内で開催された、党県女性局(新福愛子局長=姶良市議)主催のフォーラムに、竹谷とし子女性局長(参院議員)らと共に出席した。

かわの氏は、党食品ロス削減推進プロジェクトチーム(PT)の事務局長として、「食品ロス削減推進法」(議員立法)の成立に尽力してきたことを報告。同法によって、食品ロスの削減が国や事業者などが取り組むべき「国民運動」と位置づけられたことを述べ、「取り組みを加速させる大きな一歩になった」と力説した。

同PTの座長を務める竹谷さんは、かわの氏とタッグを組み、同法案の成立を推進してきたと強調。「(食品ロス削減を)今後も、かわのさんと共に前進させていく」と述べ、参院選勝利へ絶大な支援を訴えた。

2019.06.15
公明ニュース

力合わせ食品ロス削減

党挙げて運動展開 
日本の取り組み 世界に伝える 
山口代表、FAO駐日事務所長と懇談

ボリコ所長(中央右)と懇談する山口代表(同左)ら=14日 衆院第1議員会館

公明党の山口那津男代表は14日、衆院第1議員会館で、国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所のチャールズ・ボリコ所長と会い、食品ロス削減に向けた取り組みに関して懇談した。党食品ロス削減推進プロジェクトチーム(PT)座長の竹谷とし子女性局長(参院議員)、平木大作広報局長(同)が同席した。

席上、山口代表は、公明党がリードして先月に成立した食品ロス削減推進法について、国民運動として取り組むために国民の代表である国会議員の議員立法で実現した経緯を強調した。その上で「この法律を実際にどう生かすかが重要だ。公明党は、どの政党よりも地方議員が多い。党を挙げて全国的に食品ロス削減の運動を展開していく」と力説した。

ボリコ所長は「公明党PTの皆さまに心から『おめでとう』と申し上げたい」と祝意を表明するとともに、「食品ロス削減に向けて法律を整備した日本の取り組みを世界に発信していきたい」と語った。

また山口代表は、先進国で食品廃棄が多く発生している現状を指摘。「生命・生活・生存」を最大に尊重する公明党の人間主義の理念を紹介し「人類が生存を続けていくためにも、力を合わせて食品ロス削減の運動を広げたい」と述べた。

ボリコ所長は、国連の持続可能な開発目標(SDGs)で、小売店と消費者による食品廃棄量の削減が掲げられていることに言及し、事業者と消費者が一体となって食品ロス削減に取り組むためにも運動をサポートする考えを示した。

Page Top