menu

活動の軌跡 Activity

TOP > 活動の軌跡
2018.04.22
公明ニュース

農業6次産業化を支援

公明新聞:2018年4月22日(日)付

上野代表(左)から6次産業化への課題を聞く竹谷さん(右端)ら=21日 東京・瑞穂町

生産者から課題など聞く
東京・瑞穂町で竹谷さん

公明党の竹谷とし子参院議員は21日、東京都瑞穂町にある農家カフェ「たまご工房うえの」(上野勝代表)を訪れ、生産者が農産物の生産から加工・販売までを行う6次産業化の課題などを聞いた。小川龍美、原隆夫の両町議が同行した。

上野代表は、自家農場で放し飼いしたニワトリの卵や、小麦粉を使ってロールケーキなどの菓子を製造・販売し、口コミで順調に評判が広がっていると紹介。6次産業化に取り組む際の課題として、「加工・販売施設の確保に加え、商品化のための経験を積まないといけない」と述べ、専門の職業訓練の充実などに力を入れる必要性を述べた。

竹谷さんは、「6次産業化に挑戦する人を支援していきたい」と語った。

2018.04.21
公明ニュース

「出演強要」被害防げ

公明新聞:2018年4月21日(土)付

ライトハウスの藤原代表(前列左から3人目)ら関係者と意見を交わす佐々木座長(左隣)ら=20日 東京・渋谷区内

渋谷で啓発キャンペーン
佐々木さんらが参加

公明党AV(アダルトビデオ)出演強要問題対策プロジェクトチーム(PT)の佐々木さやか座長(参院議員)は20日、東京都渋谷区内で行われたAV出演強要や女子高生らによる親密な接客を売りにした「JKビジネス」などの被害防止キャンペーン(内閣府など主催)に参加し、関係者と意見を交わした。

これには、竹谷とし子参院議員のほか、栗林のり子都議、地元区議が参加した。

政府は、昨年から4月を「AV出演強要・『JKビジネス』等被害防止月間」と位置付けて、啓発や取り締まりを強化している。

同月間については、党PTが昨年3月、年度初めは進学・就職などに伴い生活環境の変化が大きく、被害に遭うリスクが高まることから政府に提言し、実現した。

NPO法人「人身取引被害者サポートセンター ライトハウス」の藤原志帆子代表らと意見を交わした佐々木座長は、「今後も啓発や被害防止対策、被害者支援に全力で取り組む」と語った。

2018.04.06
公明ニュース

「食品ロス」削減めざす

公明新聞:2018年4月6日(金)付

食品ロス削減推進法案を了承した党合同会議=5日 参院議員会館

党プロジェクトチームが推進法案 取りまとめ
消費者ら一体で国民運動

公明党の食品ロス削減推進プロジェクトチーム(PT、座長=竹谷とし子参院議員)と消費者問題対策本部や関係部会は5日、参院議員会館で合同会議を開き、まだ食べられるのに捨てられてしまう「食品ロス」の削減を推進するため、同PTが取りまとめた「食品ロス削減推進法案」(議員立法)を了承した。

同法案は、国内で大量の食品が生産、製造、販売、消費の各段階で日常的に破棄されている食品ロス問題について、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」で食料廃棄の半減が定められていることを踏まえ、自治体や事業者、消費者が一体となり国民運動として削減を推進する内容。

具体的には、関係大臣や有識者で構成する「食品ロス削減推進会議」を内閣府に設置し、基本方針を策定。この方針を基に、都道府県と市町村は削減推進計画を定める。

消費者や事業者に対しては、食品ロス削減に向けた理解や関心を深める教育・学習振興に加え、知識の普及・啓発に取り組む。

また、削減に顕著な功績を上げた人や団体を表彰するほか、10月を「食品ロス削減月間」に設定。家庭などから提供された未利用食品を集め、食べ物を必要とする人らに提供している「フードバンク」活動への支援なども盛り込まれている。

公明党は食品ロス削減への取り組みを強化するため、2015年12月にPTを立ち上げ、関係団体からの聞き取りや調査活動を精力的に実施。現場の声を基に、政府に対して提言を申し入れたほか、食品ロス削減推進法案の取りまとめに取り組んできた。

2018.04.05
公明ニュース

100万人訪問・調査運動

公明新聞:2018年4月5日(木)付

今月から始まった公明党の「100万人訪問・調査」運動――。「子育て」や「介護」「中小企業」「防災・減災」の4テーマを掲げ、公明議員が各地で生活者の声に真摯に耳を傾けた。

若松謙維参院議員(左)はオフィス機器販売会社の会長に「国の支援をビジネスチャンスに」と語り、調査を進めた=4日 福島・郡山市

若松謙維参院議員(左)はオフィス機器販売会社の会長に「国の支援をビジネスチャンスに」と語り、調査を進めた=4日 福島・郡山市


山本香苗参院議員(中)は中小企業を訪問し「働き方改革を進める企業に光が当たるよう力を注ぐ」と語った=1日 滋賀・草津市

山本香苗参院議員(中)は中小企業を訪問し「働き方改革を進める企業に光が当たるよう力を注ぐ」と語った=1日 滋賀・草津市


竹谷とし子参院議員(左)は建設会社の社長にアンケートを行い、「中小企業応援ブック」を手に、経営状況や要望などを聞いた=4日 東京・練馬区

竹谷とし子参院議員(左)は建設会社の社長にアンケートを行い、「中小企業応援ブック」を手に、経営状況や要望などを聞いた=4日 東京・練馬区


2018.03.22
公明ニュース

ふぞろい野菜や果物も

公明新聞:2018年3月22日(木)付

市場に回らない規格外の野菜を手に説明を聞く竹谷さん(右から2人目)ら=21日 都内

食品ロス削減PRの催しへ
竹谷さんら

公明党食品ロス削減推進プロジェクトチームの竹谷とし子座長(参院議員)は21日、東京都内で開かれた都の「食品ロスもったいないフェスタ」を視察し、野上純子、栗林のり子両都議らと共に、食品・飲料の業界団体やNPO法人などが取り組みを紹介するブースを見て回った。

竹谷さんらは、天候の影響などで、ふぞろいとなった野菜や果物を安価で提供している団体のブースへ。担当者の「調理や食べ方の工夫次第です」との説明に、「変わった形で子どもたちが喜びそう」「家計にも良い」などと応じていた。

視察後、竹谷さんは「先進的な取り組みを、創設をめざす法制度に反映させ、さらに食品ロス削減を進めていきたい」と語った。

Page Top