menu

活動の軌跡 Activity

TOP > 活動の軌跡
2018.10.20
公明ニュース

ICTで暮らし豊かに

シーテック(家電・IT見本市)を視察
党推進本部

ロボット掃除機を視察する党推進本部の高木顧問(左から4人目)ら=19日 千葉・幕張メッセ

公明党のICT(情報通信技術)社会推進本部の高木美智代顧問(衆院議員)らは19日、千葉市の幕張メッセで開催されたアジア最大級の家電・IT(情報技術)見本市「CEATEC JAPAN(シーテック・ジャパン)2018」を視察した。

19回目の今回は、昨年よりも58社多い725の企業・団体が参加。あらゆる機器をネットワークにつなぐ「モノのインターネット(IoT)」などをテーマに最先端の技術が展示された。

高木顧問らは、人工知能(AI)を活用した無人運転の建設機械や、世界初となるチューナー内蔵型8K液晶テレビ、モノを自動で探したり、数える機能を備えたロボット掃除機などを見学した。

視察後、高木顧問は「国民生活を便利で豊かにするICT社会の実現に向け、党を挙げて取り組んでいく」と述べた。

2018.10.12
公明ニュース

重要インフラを守れ

党防災プロジェクトチームなど 緊急点検で政府と議論

重要インフラの緊急点検についてヒアリングを行った党合同会議=11日 衆院第2議員会館

公明党の防災・減災ニューディール推進プロジェクトチーム(PT、座長=赤羽一嘉衆院議員)と、復興・防災部会(部会長=高木陽介衆院議員)は11日、衆院第2議員会館で、西日本豪雨や台風21号、北海道胆振東部地震などの災害を受けて政府が実施を発表した重要インフラの緊急点検について、関係省庁からヒアリングを行った。

席上、政府側は緊急点検について「一連の災害では、大規模停電や空港の浸水、河川の氾濫などが起こり、国民の生活に多大な影響が発生した。電力や交通、病院、河川など、全国の重要インフラを対象に、118項目を点検する」と説明した。政府は点検を踏まえて、11月末をめどに対策をまとめる。

席上、赤羽座長は「国民の命と暮らしを守る国土づくりは最優先課題だ。万全の対策を講じていかなければならない」と強調した。

2018.10.11
公明ニュース

公明は政策の推進役

山口代表、連立政権での役割強調 
党東京都本部が議員総会

党都本部の議員総会であいさつする山口代表=10日 公明会館

公明党の山口那津男代表は10日、東京都新宿区の公明会館で行われた党都本部(代表=高木陽介国会対策委員長)の議員総会であいさつし、連立政権で公明党が果たしている役割について「政権を安定させ、国民が望むことや困っている声を政権として捉え実行していくことだ」と強調した。

この中で山口代表は、来年10月に予定されている消費税率10%への引き上げに関して、公明党の提案を受け、教育費の負担軽減への使い道変更や軽減税率の実施が決まったほか、引き上げに伴う駆け込み需要や反動減を防ぐ取り組みが進められると指摘。また、日中関係の改善でも役割を果たしてきたことにも触れ、「二つとも公明党が推進役となって進めてきた。ここに公明党の連立政権における重要な役割がある」と力説した。

今月下旬にも召集される臨時国会では、防災・減災対策とともに、学校のエアコン設置費用を盛り込んだ2018年度補正予算案を早期成立させる考えを表明。その必要性について「冬や春休みの期間に工事をしないと夏には間に合わない。冬休みに工事が発注できるようにしたい」と語った。

会合では、高木都代表が「党員、支持者、地域の皆さんに喜んでもらえる公明党になり、一人一人の議員が現場の声を受け止め政策を実現していこう」と呼び掛けた。

2018.10.01
公明ニュース

"新時代"切り開く

公明、党大会で結束し出発 
統一選、参院選断じて勝つ 
山口代表再任、幹事長に斉藤氏

新体制で勇躍出発――。統一地方選、参院選の勝利を誓い、勝ちどきを上げた党全国大会=30日 東京・千代田区

公明党は30日、東京都千代田区の都市センターホテルで第12回全国大会を盛大に開催した。党代表に再任された山口那津男代表は、「新たな任期の2年間は、日本の未来を切り開く正念場だ。与党・公明党が果たすべき使命と役割は限りなく重い。引き続き自公連立政権の一翼として、日本の未来に責任感を共有し、緊張感を持って国民の負託に強く応えていく」と強調。また、来年の統一地方選、参院選の勝利へ「来年の結党55年をめざして立党精神を燃え上がらせ、公明党の新時代を切り開くため、怒濤の前進を開始しよう」と呼び掛けた。大会では、斉藤鉄夫幹事長ら本部役員が指名・承認された。

人事一覧
山口代表のあいさつ全文

新体制を担う決意を込め、握手を交わす山口代表(左)と斉藤幹事長=同

あいさつの中で山口代表は、公明党が多様な人々の期待に応える「衆望」を担う政党として誕生した歴史に触れ、「いかなる時代を迎えても、公明党は『大衆とともに』の立党精神から出発し、膝詰めの対話の中で国民の悩みや望みを探り、その解決に向けて制度・政策を練り上げていく行動原理を貫く」と力説した。

重要政治課題への取り組みについては、人口減少と超高齢化が進む中、活力ある経済社会を築くため、「地域で暮らす一人一人が社会で活躍し、互いに支え合う『人と地域を生かす共生社会』の構築が不可欠だ」と指摘。公明党の全議員が取り組んだ「100万人訪問・調査」運動で教育費負担の軽減などを求める声が多く寄せられたことを踏まえ、「共生社会の構築に向けた政策を練り上げ、国会や地方議会で具体化していく」と訴えた。

また、近年の激甚化、多発化する災害への対応では、「これまでの発想を超えた抜本的な防災・減災対策を講じなければならない」と指摘。具体的には、被害が大きい地方のインフラ整備への集中投資を行うとともに、大規模災害時の課題であるライフラインの維持に大胆な予算措置を講じるべきだと力説した。

当面の重要課題では、西日本豪雨や北海道胆振東部地震などで被害を受けたインフラや農業、観光産業の復旧・復興へ今秋に予定されている臨時国会で今年度補正予算案を早期に成立させる必要性を指摘した。

結びに、来年の統一地方選、参院選に勝利し、公明党のネットワークの力や政権基盤を強化するため、「一人一人が持つ力を総結集しよう」と呼び掛けた。

これに先立ち代表選出が行われ、党規約17条3項の規定に基づき、ただ1人の代表選出候補として確定した山口代表が出席代議員の起立総員で信任を得て再任。山口代表は新役員を指名し、井上義久副代表、北側一雄中央幹事会会長(副代表)、斉藤幹事長、石田祝稔政務調査会長ら本部役員32人が挙手多数で承認された。

党大会では、来賓として安倍晋三首相(自民党総裁)が出席し、あいさつ。創価学会の原田光治主任副会長(中央社会協議会議長)らも来賓として出席した。

新執行部

党大会後に開かれた第1回中央幹事会では、常任役員人事を了承し、幹事長指名人事で新たに高木陽介国会対策委員長、佐藤茂樹選挙対策委員長が就任した。

2018.09.29
公明ニュース

仮設住宅確保急げ

宿泊代の割引支援 周知も訴え 
北海道地震で井上幹事長

政府に、きめ細かな支援を求める井上幹事長(奥側右から3人目)=28日 衆院第2議員会館

公明党「平成30年北海道胆振東部地震」対策本部(本部長=井上義久幹事長)は28日、衆院第2議員会館で、政府から、北海道地震などの被害に対する支援策について説明を受け、被災地のニーズを優先した、きめ細かな対応を求めた。

政府は同日の閣議で北海道地震と台風19、20、21号による災害を「激甚災害」に指定したと報告した。

また、北海道地震により観光への被害が深刻であることから、道内全域を対象に宿泊代金を割り引く「北海道ふっこう割」を実施すると強調。1泊当たり2万円を上限に、日本人観光客の場合は50?70%を3泊まで、訪日観光客の場合は70%を5泊まで補助すると説明した。

農業支援策では、地震による停電の影響で搾乳できなかった乳牛が乳房炎にかかり死亡するなどの被害発生を受け、治療や予防に要した費用支援、自家発電装置の設置補助拡充を進めると語った。

井上幹事長は、北海道地震について、いまだに600人近くが避難生活を送る現状を踏まえ、「仮設住宅などを確保し当面の日常生活を取り戻すのが緊急の課題」と強調した。その上で、公明党が政府に対して要望してきた支援策が数多く盛り込まれたと評価。北海道ふっこう割については、「北海道の観光シーズンは短い」と指摘し、迅速な周知徹底を求めた。

Page Top