menu

活動の軌跡 Activity

TOP > 活動の軌跡
2023.10.30
公明ニュース

女性が輝く社会めざす

竹谷委員長 賃金向上、自立を後押し 
北海道でフォーラム

党北海道本部女性局のフォーラムであいさつする竹谷委員長=29日 北海道岩見沢市

公明党の竹谷とし子女性委員長(参院議員)は29日、北海道岩見沢市で開かれた党北海道本部女性局(局長=竹内孝代・札幌市議)主催のウイメンズフォーラムに出席し、女性が輝く社会を築く決意を訴えた。稲津久衆院議員もあいさつした。

竹谷委員長は、今年5月に「すべての女性のためのトータルプラン」を政府に提言したことに言及。共働き世帯や単身世帯の増加により、女性の生き方が多様化していることを強調した上で、「男女間の賃金格差の是正や経済的な自立支援などに取り組んでいく」と力説し、小さな声を基に具体的な政策の実現にまい進する決意を述べた。

稲津氏は、公明党が強く主張している各自治体が物価高対策に使える「重点支援地方交付金」の増額について触れ、「国民の負担軽減に力を尽くしていく」と語った。

2023.10.29
公明ニュース

女性の賃金向上めざす

三重の研修会で強調 
竹谷委員長

竹谷女性委員長が出席して開かれた党三重県本部女性局の議員研修会=28日 津市

公明党の竹谷とし子女性委員長(参院議員)は28日、党三重県本部女性局(局長=船間涼子・鈴鹿市議)が津市で開いた議員研修会にオンラインで出席し、党の女性政策などについて講演した。中川康洋県代表(衆院議員)、県内の女性議員が参加した。

竹谷委員長は、公明党が児童手当の拡充をはじめとする子育て支援、健康維持、就労促進など女性のための政策を実現してきたことを強調。課題として男女の賃金差を挙げ「党女性委員会として女性の賃金向上に全力を挙げる」と力説した。選択的夫婦別姓の導入、リスキリング(学び直し)の推進にも取り組むと語った。

中川県代表は、今後も女性の声に耳を傾け、女性の社会参加、政治参画に尽力していくと決意を述べた。

2023.10.22
公明ニュース

豊洲市場で東北を応援

「三陸・常磐もの」の魅力発信 
山口代表らが視察

岩手、宮城、福島3県の水産物の魅力について担当者から聞く山口代表(左端)ら=21日 東京・江東区

公明党の山口那津男代表は21日、東京・豊洲市場(江東区)を訪れ、岩手、宮城、福島3県の復興を支援する取り組みを視察した。竹谷とし子参院議員、松葉多美子都議が同行した。

豊洲市場では現在、東日本大震災からの復興支援として、被災3県の観光情報などを発信するとともに、鮮魚や特産品を一般向けに販売する「三陸常磐 夢市楽座」を開催している。

同企画を主催する東京魚市場卸協同組合の早山豊理事長は「水産のプロである私たちが『三陸・常磐もの』を積極的に扱っていると発信することで、少しでも風評被害の払拭に向けた力になれば」と力を込めた。

店舗で魚介類や水産加工品を手に取った山口代表は「これだけ多くの三陸・常磐地域の水産物をいっぺんに手に入れるチャンスは、めったにないので、ぜひ皆さんにも楽しんでもらいたい。私たち公明党も全力で応援していく」と語った。

2023.09.25
公明ニュース

女性が輝く社会を築く

就労、所得向上など支援 
子どもの貧困対策も推進 
福岡のフォーラムで竹谷委員長 
古屋副代表は高知へ

公明党の新たな女性委員長に就任した竹谷とし子参院議員は24日、福岡市で開かれた党福岡県本部女性局(局長=川上多恵県議)主催のウイメンズフォーラムに出席し、男女間の賃金格差是正や就労支援などに全力で取り組み、女性が輝く社会を築く決意を訴えた。また同日、高知市でも党高知県本部女性局(局長=高木妙高知市議)主催の会合が開かれ、古屋範子副代表が出席した。

党福岡県本部女性局のフォーラムであいさつする竹谷委員長=24日 福岡市

福岡市の会合で竹谷女性委員長は、女性の活躍を後押しするため、公明党の推進で策定された政府の「女性デジタル人材育成プラン」に基づき、デジタルスキルの習得サポートなど就労支援に取り組むと力説。男女間の賃金格差是正を進め、女性の所得向上につなげていくと語った。

女性の健康を守る対策に関しては、更年期障害などの知識啓発や、適切な治療が受けられる環境づくり、相談窓口の整備などに力を入れ、「女性が心身ともに生き生きと暮らしていける社会を築く」と述べた。

また子どもの貧困対策では、公明党がひとり親家庭の支援に一貫して取り組んできたことに言及。2020年度の税制改正で、配偶者と死別・離婚した人の税負担を減らす「寡婦(寡夫)控除」が未婚のひとり親にも適用されるようになったと説明し、「小さな声を受け止め、政策として実現してきたのが公明党だ」と強調した。

このほか、国・地方の公明議員のネットワークを生かし、食品ロスの削減や、子ども食堂への支援などにも尽力してきたことを紹介した。

会合には吉田久美子衆院議員も参加した。

2023.08.29
公明ニュース

消費者に丁寧な説明を

「常磐もの」品質・衛生管理は徹底 
渡辺復興相と竹谷副大臣に福島の関係者

請戸漁港で水揚げされたヒラメなどの売れ行きを聴く(左から)竹谷副大臣、渡辺復興相ら=28日 福島・浪江町

渡辺博道復興相と竹谷とし子復興副大臣(公明党)は28日、福島県浪江町を訪れ、東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出を巡り、水産関係者と意見交換した。

水産加工会社「柴栄水産」の柴強代表取締役社長は「処理水放出を機に県内外から応援の電話とともに、鮮魚類の注文が2倍から3倍に増えた」と説明。その上で「現状、取引の中止はない。請戸漁港で水揚げされたヒラメなど『常磐もの』は徹底した品質・衛生管理のもと全国に出荷している。この良さをPRしていきたい」と述べた。さらに「国には、消費者が不安を解消できるよう丁寧な説明を続けてほしい」と訴えた。

竹谷氏は「風評の影響が出ないよう対策を講じるとともに、水産物の販路開拓や消費拡大へ全力を挙げる」と語った。

Page Top